10月31日(土) 高木善之さんのカンボジア視察報告講演会

2009年09月11日



高木善之さんのカンボジア視察報告講演会

■報告会の詳細

□日時 2009年10月31日(土)18時半~20時半

□会場 須賀川アリーナ1F会議室(100名)

□参加費 一般2000円、高校生以下無料

□主催 こおりやま「楽笑村」
     http://www.geocities.jp/yaichan1103/

□連絡先 mansekibanzai@yahoo.co.jp (満席万歳と打ってネ)

□後援 申請中



映画「闇の子供たち(※)」を観られましたか。
私は、この映画を観て大きなショックといきどおりを感じました。
そして、このことの裏付けを取りました。
子ども売買、子ども性虐待、子ども買春、臓器売買について、
調べれば調べるほど、闇は深く、ひどい現状を知りました。
放ってはおけないという思いが強くなってきました。
この問題の防止について、『地球村』として何ができるか。
いろいろ考える中で、
救済活動をしている団体とつながってきました。
そこで、今回現地の活動状況を視察してきました。
それについて報告したいと思います。
ぜひ、知ってください。
そして活動支援をお願いします。
                                 高木善之


※「闇の子供たち」とは、梁石日さんの小説です。
同名の日本映画も制作されました(2008年8月2日公開)。
タイで行われている、臓器移植を目的とした幼い子供たちの
人身売買や幼児売買春を描いた社会派の作品。


【参考】高木善之ブログ日記
http://www.chikyumura.org/takagi/blog/support/000719.html
http://www.chikyumura.org/takagi/blog/support/000720.html
http://www.chikyumura.org/takagi/blog/support/000721.html
http://www.chikyumura.org/takagi/blog/support/000722.html


高木善之先生は
てんつくマン、鬼丸昌也さんらの師匠であり
地球環境問題の警鐘を鳴らし続ける先駆者として
長年にわたり活動を続けられています。

環境と平和のNPO法人 ネットワーク『地球村』
http://www.chikyumura.org

こおりやま「楽笑村」
http://www.geocities.jp/yaichan1103/  

Posted by 親方 at 17:19Comments(0)講演会

中村文昭講演会実行委員会メンバーの自己紹介 その2

2009年09月11日



中村文昭講演会実行委員会は
たくさんの方々に参加していただいて
組織しております。

現在も一緒に活動してくださる
仲間を募集 しています。

参加資格はただ一つ

スイッチがオンになっている人


講演会に参加された方は
一度は感じられたことがあると思います。

講演会のスタッフが何かわからないけど楽しそうにしているなーって。


実は・・
講演会でイイ話を聞くこと以上に
その講演会を作り上げていくスタッフとして裏方で動くことがめっちゃ楽しいです。

動けば変わります。
中村文昭講演会実行委員会へ参加ご希望の方は
こちらまでメールを送ってください!
お待ちしていますface02

メールアドレス→ 20091219sat@gmail.com



ここからは
中村文昭講演会実行委員会のメンバーを紹介させていただきます。

①名前(ハンドルネーム・ニックネーム)
②年齢
③性別
④職業
⑤この講演会に対する考え・思いなど

この5つの項目でメンバー自らPRシートを作成しました。
それぞれのメンバーの思いに注目してください!

―+―+―+―+―+―+―+―+―

①名前 インディアン
②年齢 40歳
③性別 男性
④職業 嘘つきインディアン
⑤一言
少なからず私の生活に影響を及ぼした中村さんのお話しを一人でも
多くの人に聞いていただきたい。そして感じてほしい。
考え方が変わると、きっと動き方も変わってきますよ。
インディアン嘘つかない!!

―+―+―+―+―+―+―+―+―

①名前 ユサぽん
②年齢 37歳
③性別 男性
④職業 プルデンシャル生命のライフプランナー
⑤一言 とにかく文昭さんのことを多くの人にしってほしい

―+―+―+―+―+―+―+―+―

①名前 スーさん
②年齢 55歳
③性別 男性
④職業 青果市場 役員
⑤一言
文昭さんのご縁塾1期生として、親方はじめ多くの人とのご縁で
元気と感動をいっぱい感じる日々が続いています。
この『感動のおすそ分け』ができればと思っています。

―+―+―+―+―+―+―+―+―

次回
中村文昭講演会実行委員会メンバーの自己紹介 その3 へつづきます。  

Posted by 親方 at 11:45Comments(2)